認知症予防

脳の働きを高め、認知症を予防するためのサプリメント一覧です。

認知症予防-のためのサプリメント一覧

ホスファチジルセリン(PS)
ホスファチジルセリン(PS)とは、天然に存在するリン脂質の一種で、大豆などから抽出、分離して得られるレシチンとして知られている。
EPA(エイコサペンタエン酸)
EPA(エイコサペンタエン酸)とは、高度の不飽和脂肪酸で血液をサラサラにする効能がある。
大豆レシチン
レシチンとは脳や神経組織、肝臓に多く含まれるリン脂質の1つ。
卵黄コリン
卵黄コリンとは卵の黄身にあるリン脂質の主成分のこと。
ギャバ(GABA)
ギャバはアミノ酸の一種で正式名はγ(ガンマ)アミノ酪酸という。[Gamma-Amino Butyric Acid]という英名の頭文字をとり、ギャバ(GABA)と呼ばれる。
イチョウ葉エキス
イチョウ葉エキスとは、植物のイチョウの葉から有効成分を抽出したエキスのこと。
アラキドン酸
アラキドン酸とは、細胞膜などを形成しているリン脂質を構成する脂肪酸の一種。ビタミンFとも呼ばれる。
カルニチン
カルニチンとは、筋肉が体脂肪を燃焼させる際に必要となる栄養素。
高麗ニンジン
高麗ニンジンとは、ウコギ科のハーブのこと。漢方で珍重される万病薬。
DHA (ドコサヘキサエン酸)
DHA(ドコサヘキサエン酸)とは、頭の中で脳の働きを活発にしたり、記憶力や学習能力を高める働きをする、不飽和脂肪酸(善玉の脂肪で、心臓、循環器、脳、皮膚といった重要な器官や組織に必要な栄養成分)の一つ
ナットウキナーゼ
ナットウキナーゼとは、納豆のネバネバに含まれる納豆菌が作り出す酵素の一つで、血栓溶解酵素として1980年代に発見された。