スピルリナ

スピルリナとは、塩分の高い湖などに繁殖する高タンパク質の藍藻類の一種。

タンパク質、ビタミンA・B群、鉄分などが豊富に含まれる。特にタンパク質の含有量が60~70%と高い。その他にもカリウム、 カルシウムなどのミネラルぼ微量元素も含んでおり、さまざまな病態の予防、改善に利用されている。

〔効果〕栄養補給、抗腫瘍効果、抗酸化作用、糖尿病・高脂血症・高血圧の改善作用、免疫賦活作用