乳酸菌

乳酸菌とは、ブドウ糖を利用して増殖し、糖分の分解によって乳酸を生み出す善玉菌の総称をいう。

その代表としては、ビフィズス菌やアシドフィルス菌などがあり、通常は腸内細菌の約20%にあたり、加齢とともに悪玉菌が増えていく。

〔効果〕下痢予防・治療効果、腸のぜん動運動の調整効果、腸内細菌のバランス調整