カルニチン

カルニチンとは、筋肉が体脂肪を燃焼させる際に必要となる栄養素。

その98%が骨格筋、心筋にあり、おもに牛肉の赤身部分や魚から摂取される。脂肪を効率よく燃焼させ、 基礎代謝量をアップさせる働きを持つ。

〔効果〕運動時の体脂肪減少作用、慢性心不全・虚血性心疾患の改善効果、慢性肝不全による人工透析患者の貧血改善、 認知症改善