コラーゲン

コラーゲン(膠原質)は人の体のタンパク質のうち、約30%を占める繊維状のタンパク質。

コラーゲンは皮膚、骨、軟骨などの組織に豊富に含まれていて、細胞と細胞の間をしっかりつなぎ固める。また酸素や栄養を供給し、 老廃物を除去する役目を担っている。おもに皮膚の真皮(表皮の下の皮膚を生成する部分)の約70%がコラーゲン。

コラーゲンは人体でも作られるが、20歳前後をピークに加齢とともにその量が減り、不足気味になる。コラーゲンが減少すると、 皮膚はみずみずしさを失い老化が進行する。また骨の健康維持も損なわれ、骨粗鬆症や関節炎などが起こる。 さらに目の水晶体や角膜もコラーゲンが多く含まれており、新鮮なコラーゲンが不足すると眼精疲労や老眼が進む。

コラーゲンを多く含む食品としては魚の頭、尾の部分、鶏の手羽先、豚足、牛スジなどがある。コラーゲンは水に溶けやすいため、 煮汁ごととったり、煮こごりとして食べると効率よく補給できる。

〔コラーゲンの効果〕
美肌効果、皮膚のアンチ・エイジング効果、骨粗鬆症の予防・改善、変形性膝関節症の予防・改善