ミネラル類

ミネラルは、五大栄養素(たんぱく質・ビタミン・ミネラル・ 炭水化物・脂質)の一つでビタミン同様、微量栄養素として体の機能を調節し、維持する役割を担っている。

ビタミンが三大栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物)と同じ有機化合物であるのに対して、 ミネラルは元素そのものの無機質であることが違う点。有機質が酸素、炭素、水素、 窒素を含む化合物であり人体の95%を構成しているのに対し、ミネラルは分かっている16種で5% ほどしかない。

ミネラルは体の組織に必要不可欠な構成要素として、 酵素と結びついて生命活動を営む上で欠かせない代謝を助けている。また、 ビタミンもミネラルも互いに協力し合って作用する。 ただし過剰になったミネラルが他のミネラルの働きを阻害する場合もあり、 サプリメントの摂取量には注意が必要。

マクロ元素

マグネシウム(Mg)  ■カルシウム(Ca)  ■リン(P)  ■ナトリウム(Na)  ■カリウム(K)  

微量元素

クロム(Cr)  ■モリブデン(Mo)  ■マンガン(Mn)  ■鉄(Fe)  ■亜鉛(Zn)  ■セレン(Se)  ■銅 (Cu) ■ヨウ素(I)