大豆レシチン

レシチンとは脳や神経組織、肝臓に多く含まれるリン脂質の1つ。 グリセリンに2分子の脂肪酸と1分子のコリンリン酸が結合した構造をもつ。

レシチンという言葉は、ギリシャ語で卵黄を意味する「レシトース(Lekithos)」 からでた言葉。

人間の体の中には「水溶性(水に溶ける性質)」のものと「脂溶性(油に溶ける性質)」のものがあり、 レシチンはその仲立ちの役目をする。

サプリメントレシチンは大豆、 または卵黄を原料にして作られていて、摂取することで肝臓や脳への作用が認められている。

レシチンからつくられたコリンという成分は、肝臓での脂質代謝を促進し、 肝機能を保護する作用を持っているので、アルコール性肝障害やウィルス性肝炎などに対し、肝機能を改善する働きをみせる。

レシチンは神経伝達物質であるアセチルコリンの元になる物質であり、 アルツハイマー型認知症の症状の一部は、このアセチルコリンの合成や利用が減少するためと言われ、摂取することで認知症の予防ともなる。

〔大豆レシチンの効果〕
肝臓の保護作用。脳機能の保護作用。