紅麹

紅麹とは、中国で古来より食品の着色に用いられてきた麹菌の一種。

発酵食品として、また伝統医療としても利用されてきた。

紅麹にはコレステロールの合成を抑える作用があり、副作用もない。

〔紅麹の効果〕
高コレステロール血症の予防、改善。高中性脂肪血症の予防、改善。薬剤性肝障害の予防。