アミノ酸

アミノ酸とは、生体のタンパク質の構成ユニットとなる「α-アミノ酸」を指す。

ヒトの体の16~20%を占めるタンパク質は、筋肉、消化管、内臓、血中ヘモグロビン、 皮膚のコラーゲンなどの組織づくりに不可欠な成分。食事でタンパク質を摂取すると、 体内でアミノ酸に分解され、さまざまな化合物に変化し、体内で維持されて必要に応じて活用される。

アミノ酸は自然界に500種類発見されていて、それらのなかで人体を構成するものが20種類。 そのうち体内で合成できないアミノ酸が9種あり、 これを必須アミノ酸という。また体内でタンパク質から合成できるものは11種で、 非必須アミノ酸と呼ばれる。 これらアミノ酸は年齢や体調により不足気味となり、体調不良の原因となる。

アミノ酸というと、ダイエット効果が注目されるが、摂るだけで脂肪分解が促進されるわけではなく、 運動と組み合わされたときに効果を発揮する。

〔アミノ酸の効果〕
BCAA(分岐鎖アミノ酸)に筋肉増強、タンパク質同化作用。アラニンはアルコール分解促進、肝臓の保護。 グルタミンには消化管粘膜生成促進作用。アルギニンは免疫増強作用と肝臓保護。