EPA(エイコサペンタエン酸)

EPA (エイコサペンタエン酸)とは、 高度の不飽和脂肪酸で血液をサラサラにする効能がある。

EPAは体内での生成が難しく、 食品やサプリメントからの摂取が必要。イワシ、サバ、 マグロなどに豊富に含まれている。

EPAは動物性脂肪の摂り過ぎによって飽和脂肪酸過多で血液がドロドロになって起こる心臓病や脳血管障害を防ぐ働きをする。 EPAは血液を固まりにくくし、 血栓症や動脈硬化、生活習慣病を予防する。

〔EPAの効果〕
血液をサラサラにして血栓病を予防。高脂血症を改善し、 生活習慣病の予防、動脈硬化の改善。

EPA (エイコサペンタエン酸) の商品情報はこちら★