カプサイシン

カプサイシンとは、トウガラシの辛み成分のこと。

カプサイシンは消化器の粘膜を刺激し、消化液の分泌を促進し、食欲を増進させる。 それと同時に腸のぜん動を促進して、栄養分の吸収を高める。また、体脂肪を燃焼させ肥満を防止、 新陳代謝を活発にして持久力を高めるなどの効果もある。

〔カプサイシンの効果〕
肥満予防。便秘解消。血行改善による頭痛、肩凝り、腰痛、冷え性、生理痛、不眠症の改善。高血圧症の予防、改善。感染症の予防。