葉酸

葉酸とは、植物の葉酸素に含まれ、タンパク質の代謝を助け、 核酸の合成やビタミンB12とともに正常な赤血球をつくりだすビタミン。

体にとって必須の栄養素。血液中に蓄積し動脈硬化を起こす危険因子のホモシステインを減少させる作用や発がん抑制作用としても働く。 葉酸は小腸で吸収された後、肝臓に貯蔵され、不足した場合に肝臓から循環器系に回り補充される。

特に葉酸を必要とするのは、妊娠初期の女性で、胎児の細胞分裂やDNA生成に葉酸は欠かせない。 「神経管閉鎖障害」という先天異常は葉酸を摂ることで発生率を低減できる。