ビタミンB12

ビタミンB12は、正常な赤血球を生成するために必要なビタミン。

ビタミンB12が不足すると巨赤芽球という異常な赤血球ができて貧血を起こしてしまう。貧血には鉄不足によるものが多いが、 このビタミンB12不足の貧血は「悪性貧血」と呼ばれる。

また、ビタミンB12は葉酸とともに遺伝子形成の元となる核酸の合成にかかわっている。脊髄で赤血球をつくるためにも不可欠で、 細胞分裂を活性化させる働きをみせる。さらに、神経系を元気にする作用、 心筋梗塞や脳梗塞の危険因子のホモシステインの増加を抑える働きなどが知られている。

ビタミンB12は植物性の食品には全くなく、肉や牛乳などに含まれ、ごく少量の摂取でも効果を発揮する。 ビタミンB12所要摂取量の目安は男女とも2.4マイクログラム