ビタミンE

ビタミンEには抗酸化作用があり、若返りのビタミンと言われている。

ビタミンEは、40代から増えはじめる、体内のサビとも言える過酸化脂質の原因となる活性酸素を分解し、 細胞膜を破壊する過酸化脂質ができないように働く。それにより、動脈硬化、心臓疾患、脳卒中などの生活習慣病を予防することになる。

ビタミンEの科学名はトコフェロール。

脳下垂体に指令を出し性ホルモンの分泌を促すことから、生理痛、更年期障害、不妊など、女性の不快な症状を改善してくれる。

またビタミンEは、皮膚の末梢神経を広げ、血液の循環をよくして新陳代謝を高めることから、肌荒れ、しもやけ、冷え性の改善など、 ビタミンEの効能は枚挙にいとまがないほど。

βカロチンやビタミンCと併用して摂取するとより効果が発揮される。

所要摂取量は男性10ミリグラム、女性8ミリグラム。上限許容摂取量は600ミリグラムだが、上限を超えても特に心配ない。