ビタミンK

ビタミンKとは、血液凝固とカルシウム代謝に作用する脂溶性ビタミン。

ビタミンKには、植物の葉緑体で作られるビタミンK1と、細菌により作られるビタミンK2がある。

肝臓での血液凝固因子合成に補酵素として作用し、不足すると血が固まらず大量出血する。ビタミンKのおかげで、出血しても血が固まる。 また、ビタミンKは、体内の血管では、逆に凝固を抑制する働きも見せる。

一方カルシウムの代謝では、ビタミンDと同様にカルシウムの吸収に関与するビタミンで、ビタミンK不足になると、 骨にカルシウムが十分補給されなくなる。血中のカルシウムが不足するとビタミンDは骨カルシウムを溶出しようとするが、 ビタミンKはそれを防ぐ役割をする。このためビタミンKは骨粗鬆症の治療薬として利用されている。

ビタミンK1を含む食品は干しノリ、抹茶、納豆、パセリなど。ビタミンK2は腸の中で細菌が合成するため、不足の心配はあまりない。

所要摂取量の目安は男性65マクログラム、女性は55マイクログラム。上限許容摂取量は3000マイクログラム。