クランベリー

クランベリーはツツジ科スノキ属の植物。

クランベリーは、女性に多い膀胱炎や尿道炎などの尿路感染症を予防する効果がある。クランベリーに含まれる成分は、 こうした細菌の付着や増殖を抑え、感染を防ぐ。

〔クランベリーの効果〕
尿路感染症の予防と再発防止。

〔メカニズム〕
有効成分はプロアントシニアニジンというファイトケミカル。抗酸化、抗菌、抗ウィルス作用などを示し、 細菌の細胞膜の合成を阻害することでも増殖を抑制、細菌が細胞表面に付着するのを防ぐ。また、クランベリーは、 体内で酸性物質に変化し尿に排泄されることから、尿のPHを下げ、酸性に保ち、菌の増殖を抑制するメカニズムもある。

〔摂取方法〕
予防目的なら所要摂取量は500~1000ミリグラム。