ゴマペプチド

世界中で古来から不老長寿の秘薬として大切にされてきたゴマは、約20%が植物性タンパク質。必須アミノ酸が豊富に含まれているが、 その中で注目されるのがゴマペプチド

ペプチドとはタンパク質が酵素により分解される過程のもの。ペプチドの種類はいくつか存在するが、 ゴマペプチドの持つ血圧上昇抑制作用は他のペプチドに比べ、特に優れている。

また、ゴマに含まれる抗酸化成分は、生活習慣病の予防・改善に効果を示す。

〔ゴマペプチドの効果〕
血圧降下作用。抗酸化作用。生活習慣病の予防・改善。

〔メカニズム〕
ゴマペプチドは、ACEという酵素の作用を阻害することで血圧上昇物質の生成を抑え、血圧を低下させる働きをみせる。また、 抗酸化成分はアンチ・ エイジング効果をもたらす。