コンドロイチン硫酸(鮫軟骨抽出物)

コンドロイチン硫酸(鮫軟骨抽出物)とは、関節の軟骨などを構成する成分。

水分や栄養を軟骨に吸収する役目を果たしている。

コンドロイチン硫酸は、加齢により体内での合成能力が低下し、その結果が関節障害となって現れる。

〔コンドロイチンの硫酸効果〕
変形性膝関節症や関節炎にともなう症状の予防・改善。肌の保湿効果、更年期の不快症状の緩和。生活習慣病の予防。

〔メカニズム〕
グルコサミンなどから構成される分子の1つで、関節軟骨や結合組織を構成する。