プロテイン

プロテインとは、タンパク質のこと。

プロテインは、効率のよい筋肉づくりに効果がある。

タンパク質とは、20種類のアミノ酸が組み合わさった化合物で、体の大部分を構成している。 人間は筋肉のタンパク質をエネルギーとして消費するが、プロテインを摂ることで、 食事量を増やさずにバランスよく十分な量のタンパク質を摂取することができる。

〔メカニズム〕
食事から摂取したタンパク質は、体内でさまざまなアミノ酸となって吸収される。 それぞれの食品によってアミノ酸の構成は異なり、 バランスよく必須アミノ酸を摂取するためには、 バランスよく十分なタンパク質を摂る必要がある。特にスポーツをする人は、大量のタンパク質をエネルギーとして消費するため、 十分なタンパク質の摂取が必要。しかし、それらをすべて食べ物から摂取しようとすると、食べ過ぎが心配される。 脂肪やカロリーを摂りすぎることなくバランスのよいタンパク質を摂取するために、プロテインが活用されている。

〔摂取方法〕
運動量や体重、食事内容によって異なる。通常のトレーニング程度の運動であれば、1回20グラムを2~3回。 摂りすぎは体脂肪となるので注意。