カプセル、錠剤はどれがベスト?

サプリメントには、錠剤、カプセル、液体、水やジュースに溶かせる粉末タイプ、顆粒、チュアブル、バー状の強化食品、キャンディー、 ガム、クリーム、ゼリーなどさまざまな形状があります。かつて日本ではサプリメントと医薬品を区別するため、 錠剤やカプセルは禁止されていましたが、現在は規制緩和によって認められています。

吸収の速度は、一般的には飲料タイプが一番速いとされていますが、ビタミンB12においては舌下錠(舌下で溶かす錠剤) が体内への吸収がよいとされています。ただし、飲料タイプは砂糖で味付けされている製品が多いので糖分の摂り過ぎには注意しましょう。 これはチュアブル、キャンディーも同様です。できるだけ余計な味付けをしていないシンプルなタイプを使用するのが望ましいですね。

米国製のサプリメントの中にはサイズが大きく飲み込みにくいものがあり、特に嚥下機能が低下している高齢者には危険です。 米国製品をそのままの形状で輸入販売している日本のメーカーもあるので、購入の際は形状の確認も必要です。

錠剤を飲み込むのが苦手な人は液体、携帯に便利な粉末スティックなど、 自分のライフスタイルに合わせて利用しやすい形を選択しましょう。